冷蔵庫 粗大ごみ

引越しと粗大ごみ

粗大ゴミ 引越し

 

引越しは粗大ゴミを処分する大チャンスです。
しかし粗大ゴミを捨てるのは燃えるゴミを捨てるのと違って手間もお金もかかります。

 

ちなみに粗大ゴミというのは一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるもの、石油ストーブ・石油ファンヒーター・ガスコンロ・電子レンジなどのことです。

 

まずは家電リサイクル法で定められた家電かどうか確認してください。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。
これらは粗大ゴミと同じように廃棄することができませんので、処分したいときは家電を購入した家電量販店に連絡をして有料で引き取ってもらう必要があります。

 

もし新しく買い替えをする場合は、その家電量販店で処分してもらえるか聞いてみましょう。
これらの家電を購入したお店が近くない場合やすでに閉店している場合は、お住いの自治体に相談してください。

 

他の粗大ゴミは有料で回収に来てもらうか、自分で運ぶかいずれかの方法で処分できます。

 

まずクリーンセンターやリサイクルセンターなどの粗大ゴミ処理施設に電話で予約をします。
回収に来てもらう場合はスーパーやコンビニで「粗大ゴミシール」を粗大ゴミにつき1枚貼って、約束の日時までに集積場所に出しておきます。
シールを貼らずに出してもついでに持って行ってくれませんので、必ず1つにつき1枚です。回収手数料なのです。
ですからシールの料金は処分したい家電によります。

 

自分で処理施設までもって行っても大丈夫です。この場合も電話予約はしてくださいね。
自分で持っていくのすから手数料、つまり粗大ゴミシールは貼る必要はありません。