ダブル家賃 回避

引越しとダブル家賃の回避方法

ダブル家賃 回避

 

引越しの際に、現住所の家賃と新居の家賃を同じ月に支払うのは実に勿体ないですね。
2ヶ所の家賃を払うのを避けるために月末に引越しを希望する人が多いのです。

 

他にダブル家賃を回避する方法はないのでしょうか?

 

まず最初に現住所の管理会社に退去予告をしてから新居を探しましょう。
入居の際に「退去する場合は何ヶ月前に言うこと」という契約を交わしているので、言うのが遅いとその分の家賃を請求されても文句が言えません。

 

引越しが確定したら、まず管理会社に報告してから新居探しを始めましょう。

 

ダブル家賃を回避するために建設中の新居物件を予約するという方法があります。
建設中なので手付金を支払えば予約ができて、家賃は発生しません。
ほかにも1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件を狙うという方法もあります。

 

しかしこれらは運が良くないと見つかりませんので難しい条件ですね。

 

誰にでも出来る方法としては、新居物件の管理会社に相談して家賃を日割り計算にしてもらえないか交渉をしてみるのです。
物件を空部屋にしておくのは嫌なので、交渉に応じてくれることもあります。

 

駐車場を借りている人は、駐車場の解約予告も忘れないようにしましょう。