冷蔵庫 送る

冷蔵庫を安く送る方法

冷蔵庫 送る

冷蔵庫 送料

冷蔵庫 配送

冷蔵庫 郵送

冷蔵庫 運搬

 

冷蔵庫を誰かにあげるために送りたい場合は、ヤマト運輸の家財宅急便という方法があります。
こちらは家財3辺の合計と、送りたい場所の距離によって料金が決まります。

 

大型冷蔵庫だと15000〜30000円くらいの費用がかかります。

 

 

もし冷蔵庫を送る目的が引越しなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引越し業者にお願いすると費用がかかるから・・・と敬遠しがちですが、大きな家財だけ運んでくれるサービスもあるのです。
それに引越し業者なら建物の床や壁に保護材を巻いて作業してくれるので、安心です。

 

床が傷だらけになって、敷金が返ってこなくなったら悲しいですね。
引越し業者一括見積もりなら、簡単に1番安く冷蔵庫を送ってくれる業者を探すことができます。

 

見積もりは無料ですので、お気軽にご利用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの手順

 

引越しの手順

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

新居にエレベーターがあるかないのかやトラックは近くに停められるのかなどの情報がなければ、引越し料金の正確な金額が決まりません。
ですから引越し業者への見積もりは新居が決まって取りましょう。

 

そして不用品を運ぶにも引越し料金がかかりますので、不用品は売る・捨てる・あげるなどして引越し前に処分しましょう。

 

市外引越しの場合は転出届が必要です。
引越し先が近隣ならいいですが遠方ですとなかなか面倒な手続きになるので、必ず引越し前に提出しましょう。
引越しの2週間前から提出できます。

 

電気・ガス・水道は引越し日止めてもらうように手配し、日割り計算で精算します。
ガスがガス会社立ち合いで元栓を閉める作業があります。
方法はそれぞれで違うので、詳しくは各会社に電話して問い合わせて聞いてくださいね。

 

さらに同じ市内なら〇日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しておきましょう。
うっかり忘れると新居に電気がつかない、シャワーのお湯がでないなど辛い初日になります。

 

郵便物は1年間は新居へ転送することができますので、その間に知人に引越ししましたという連絡をしてください。

 

引越し当日、荷物の運送は引っ越し業者にお任せするとして家具家電の配置、ダンボールの置き場所などは指示してください。
前もって紙に書いておくとスムーズに作業が進みます。
荷解きはゆっくりしてください。

 

さて新居に最寄りの役所には、市外引越しなら転入届を同一市内なら転居届けを2週間以内に提出してください。
選挙や税金、子供手当てなど役所からの大事なお知らせががこれで届きます。

 

ほかにも免許証、パスポート、保険、カード会社、銀行系などいろいろなところに住所変更を連絡しておきましょう。
郵便局の転居届は1年ですから、忘れる前に早めに連絡してくださいね。

 

 

引越し費用を安くする条件

 

引越し安く

 

引越し費用は安いほうが嬉しい・・・。
それならまず引越しの値段は荷物の量に比例して高くなりますので、荷物をできるだけ減らすことです。

 

さらに3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期なので、この時期は避けたほうがいいです。

 

どうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って、一番安くて良い業者と契約してしまいましょう。
見積もりだけ取って満足しているといざ依頼しようと思ったら予約でいっぱいなんてこともあり得ます。 

 

同様に土日祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

引っ越しは午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

 

ベッド 運搬 ベッド 運ぶ 冷蔵庫 運送